蒲田のパイの巣は爆乳ぞろいの優良店らしい

蒲田

若くておっぱいが大きい子と戯れたいなら、パイの巣がオススメです。
蒲田駅から徒歩1分のところにあるこの店内は、女の子の質が高くサービスも上質。
エッチに積極的な女の子がいるので、行ったら必ず満足すると思います。
ムラムラしたら、まずはパイの巣に駆け込みましょう!

若い子と戯れたい紳士諸君

セクキャバに求めるのは、サービスですが、若さも忘れてはいけません。
僕自身、多くのセクキャバに行ってきたのですが、若い子がいるお店にしか行きませんでした。
さらに、欲を言うとサービスが充実していて、イベントが頻繁に開催されているところ。

僕の職場ですが、東京は大田区の馬込という場所にあったのです。
しかし、馬込には一切セクキャバが存在せず、大森や蒲田に遠出する必要がありました。
ただ、その辺のエリアは一切行ったことがなかったので、詳しい上司に聞いてみることに。
「先輩、少し相談なんですけど…」
「どうせお前のことだから、またセクキャバだろ?w」
「そうなんですよw 木曜日先輩も休みだと思うんで今日行きません?」

「あ、それならオススメのところ連れて行くわw」
上司は、結構セクキャバに行くのが好きで、マニアといわれるほどです。
エッチな女の子を紹介してくれますし、上司の手にかかればセクキャバのはずれはありませんでした。
仕事はできませんが、そこだけは尊敬できますw

「どういうお店ですか?」
「水曜日だけ、イベントをしてる店なんだよ」
「それはいいですね!」

「しかも、ほとんどが20代で女子大生とかもいるぞw」
イベントが多い・若い子が多いという、僕の求めている条件に全て合致するお店です。
行かない理由がありませんし、お店の名前を聞いて調べることに。
パイの巣というお店らしく、蒲田では結構有名な店舗。

料金も安く、サービス内容も充実していることから、多くの紳士のお墨付きのお店だそう。
しかし、人が多いのは休日であり、イベントがある水曜日でも、人はそこまで多くないそうです。
シフト制の仕事は、これだからいいですよね。
連休がない分、こういうときに楽しむことができます。

キャストを見てみると、どれもいい感じの女の子ばかりで、おっぱいも貧乳から爆乳まで勢ぞろい。
特に指名しなくても、外れを引かなそうなので安心しました。
良いお店を見つけたところで、仕事に戻って夜まで待ちました。

薄暗い店内とお得な料金システム

パイの巣ですが、蒲田駅から徒歩1分という場所にあるので、非常に好立地です。
20時から空いているのですが、上司と電車に乗りながら向かいます。
電車の中でも、お店の情報を見ていると一言。
「そういえば、今日のイベントはベビードールらしいぞw」

「色々やってるんですか?」
「この間は、ランジェリーだったな」
頻繁にイベントを開催しているのは、優良店の証拠です。

蒲田駅に到着して、風俗街方面に行くと、お店が見えます。
看板が立っているので、エレベーターを使ってお店に上がりましょう。
ビルの3階にあり、前金を支払って入店という流れになります。
店内は結構暗いので、やりたい放題できそう。

「ブログ見せたら安くなるから、出そうぜ」
そういわれたので、休憩中にブログを見せると、40分4,000円で入ることができました。
ちなみに、延長は都度聞いてくるタイプのようです。
僕が先に席に着く形で、上司は後でやってきました。

「ここ40分じゃ楽しめないから、先に延長しといたぞw」
こういうところが、惹かれるところなんでしょうかねw

一人目:爆乳Eカップエロスレンダーギャル

席についてから、一人目で接客してくれたのは、Eカップの女の子でした。

顔はロリ系であり、かわいらしい感じが特徴的なタイプ
しかし、Eカップでありながら、スレンダーな体系なのでモデルをしていてもおかしくないくらい。
今回は、ベビードールイベントなので、白色のベビードールを着ていました。
水着っぽいものを着ていますが、乳首が立っているのが確認できます。

さらに、パンティもはいていますが、その下には即おま〇こ。
これは、交渉次第で下も触れると思います。
「お隣失礼しますね~♡」
エロいベビードール姿で、こちらに近づいてきました。

まさに、ゼロ距離ということもあって、これは触るしかありません。
早速、おっぱいを失礼します。
やわらかい感触が、手に伝わります。
まさにマシュマロであり、指先でいやらしく揉んでやりました。

「触り方がエッチですね~♡ そういうの好きですよ♡」
エッチな接客も売りなようで、ハマってしまう人が多いのがわかります。
乳首舐めもしてよいそうですが、それはダウンタイム中にすることに。
それまでは、乳首を指先で触ったりして、感じさせます。

「乳首はめ!です!感じちゃいます…」
その一言を聞いたので、ダウンタイム中は執拗に攻めようと決意。
そして、店内のBGMが変わってダウンタイム開始
膝の上に女の子が載ってきて、疑似的な素股。

同時に、ブラを外しておっぱいを露出してきます。
先ほどまで触ってきた乳首を目の前にやって、舐めることに。
最初は舌先で舐めていました。
「だから、乳首はめ!ですよ~」

そういいながらも、抵抗する様子はなかったので、継続。
転がすように舐めると、かなり感じていました
「だめです~、気持ち良すぎです…」
元気な接客も、乳首責めをされているときは、力が抜けてしまうようです。

エロい女の子だったので、終始乳首責めをして感じさせました。
実は、彼女もチンポを触ってくれていたので、安心です。
そしてダウンタイムが終了して、女の子がチェンジします。
最後は、優しいキスをしてお別れという流れです。

二人目:Bカップ貧乳スレンダー娘

二人目の女の子は、先ほどの爆乳娘に比べると、小ぶりなおっぱいのBカップ。
顔つきは、美人よりでした。
スレンダーな体系が特徴的であり、スタイルはかなり良い方。

いい感じにエッチな体つきなので、ダウンタイム中にしっかり堪能するとしましょう。
接客態度に関しては、最も良い子だと思います。
赤いランジェリーを着ていたのですが、かなり似合っていましたね。
ブラもパンティも赤で合わせており、ビキニ系のブラだったので乳首が確認できます。

そして、乳首をタッチ。
「急に触るのはだめです~」
それでも、本気で拒絶するような感じではなく、触らせてくれました。
エッチな女の子なので、このくらいはしてやらないとですね。

両手でおっぱいを触りつつ、乳首を刺激して感じさせます。
トークもしながらでしたが、その場の雰囲気を楽しむことができたのでよかったです。
そして、BGMが変わりダウンタイム開始。
「お膝乗りますね~♡ 少し重いですよ~w」

冗談交じりに乗ってきましたが、太ももの感触が伝わります。
エッチな太ももを触りつつ、露出された貧乳おっぱい。
形は良かったので、そのまま乳首責め
すると、感じた顔を見せてきてキスを求めてきました。

マウスウォッシュをしたばかりだったので、キスをすることに。
しばらくしていると、彼女のほうからいきなり舌を挿入してきたのです。
これは応じるしかありませんよね。
そこでディープキスが始まり、その間も乳首責めはやめませんでした。

すると、彼女も負けじと僕の乳首を刺激して感じさせてきます。
むきになって触ってくる感じがかわいく、かなり気持ちよかったです。
乳首責めが終わると、チンポに手を当ててきました。
「あ~勃起してる~♡ めですよ~♡」

Sっ気があるのかMっ気があるのかはっきりしてほしいですw
どっちつかずというのも、あえてよいと思いますがw
そして、チンポをソフトタッチして少し手コキ
右手は乳首、左手はチンポでした。

いい感じに気持ちよくしてくれたところで、サービスタイム終了
少し時間が余ったので、ディープキスをしてチェンジです。

三人目:Eカップ超爆乳ドエロムチムチ娘

上司が、受付の時に事前に延長してくれていたので、スムーズにチェンジできました。

三人目の女の子は、これまた爆乳の女の子。
Eカップの女の子で、かわいい系の顔をしているムチムチの女の子です。
ショートカットで、少しゆるふわのパーマをかけていました。
ランジェリーの色は紫。

それに合わせて、サテンのパンティとビキニを着ていました。
乳首は小ぶりですが、乳輪は大きめ
ビキニもかなり小さく、乳輪がはみ出てていましたw
「めちゃくちゃビキニ小さいねw」

「これしかサイズなかったんですよ~♡」
なわけあるかい!wと思いましたが、僕らにとっては最高です。
そして、小さい乳首を触って感じさせました。
「乳首弱いんです…もっとしてください…」

この瞬間、彼女がMだということがわかりました。
Sスイッチが入って、そのまま攻め立てることに。
最初はビキニの上から触っていましたが、直接触りました。
指先で触っていると、かなり感じていました。

そこで一つ交渉。
「下触っていいの?」
「んー、ドリンク頼んだらね~♡」

上司にアイコンタクトを送ると、勝手に払ってくれましたw
女の子にドリンクを頼んだところで、タイミングよくダウンタイム開始。
「じゃあ、うえ載りますね~♡」
そういって、膝の上に載ってきて、爆乳おっぱいを露出。
乳輪が大きいEカップ爆乳が、目の前にあったので吸い付きました。
乳輪をすべて吸い込む勢いですったので、彼女も声が溢れていました。
「あああん♡ 吸い付きすぎ♡」

その光景がめちゃくちゃエロかったので、勃起
そして、左手をそのままパンティにもっていって指マン。
パンティ越しでもわかるほど、濡れていました。
感触は柔らかくムニマン。
我慢できなかったので、パンティをずらして指挿入。

「ちょっと!それはだめ!」
継続して、指を挿入すると、抵抗せず受け入れてくれました。
「気持ちいいから、やっぱもっと」
自分で腰を動かして、僕は指を挿入しているだけでした。
こんなにエロい女の子がいていいのでしょうか。
エッチなサービスを受けながら、ダウンタイムは終了
最後は、キスをしてチェンジしました。

四人目:Gカップド淫乱娘

三人目の女の子の余韻に浸りながら、四人目の女の子がやってきました。
この女の子は、今までで一番おっぱいが大きい子。
Gカップの爆乳で、最高すぎるくらいエッチな娘でした。
現役女子大生であり、黒髪のショートヘアが非常に似合っています。
黒色のベビードールを着ていて、エッチな雰囲気が漂う爆乳女子大生。
パンティもビキニも黒で統一していたので、妖艶な色気もありました。

笑顔がかわいく、ノリも良かったので、腕をおっぱいで挟んでくれたりしてくれたのです。
そして、距離を近づけてきたと思えば、チンポを触ってきました
急に触ってきたので、びっくりしていると、一言。
「私、おちんちん大好きなんですよ~」
ド淫乱発言を聞いて、ダウンタイムが楽しみでした。

酔っているのかどうかわかりませでしたが、ドリンクをオーダー。
彼女に飲ませると、淫乱っぷりがさらにエスカレート。
吐息を漏らしながら、耳元でささやいてきます。
「早くこれほしい。おちんちんほしいです」
そんなことを言われると、勃起も止まりません
BGMが変わったところで、ダウンタイム開始
膝の上に載ってくるまでは一緒ですが、女の子はチャックを下ろしてチンポを出しました。
「それは、さすがにヤバいよ」
「この位置は見せないし、おちんちん触りたいから」
そういって、ツバをたらして手コキ開始。
ここまでサービスをしてもいいのかパイの巣!?

高速手コキをされている間は、彼女のおっぱいにしゃぶりついていました。
乳首をあまがみしたりして、感じさせます。
しっかり感じさせたところで、僕も下を触ることに。
抵抗する様子はなく、お互いがお互いの下半身を触って疑似セックス。
「もっとしてよ!もっとお♡」
おねだりしてくる様子がたまらず、彼女も手コキのスピードを上げてきます。
そして、イキそうになったので伝えました。

「イキそう」
「いいよ。そのまま出して。」
ハンカチを取り出して、そこに射精
その間もおっぱいから離れませんでした。
ふき取ってもらって、少しダウンタイムを楽しんで終了
ド淫乱な女の子だったので、次は指名しましょう。

総評

蒲田のパイの巣は、何よりエッチな子が多いです。
おっぱいが大きい子も多く、イベントを開催していますし、若い子で溢れています。
最後に来た女子大生は、サービスも最高で抜いてもらいましたw
8,000円でここまでサービスしてくれるのは、コスパが良すぎるくらい。
蒲田は少し遠いですが、全然通ってしまえるレベルですね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました