ビジネス街にある楽園PEACHICKは最高スポット

関内

セクキャバを探すときはいつも迷いますが、今回は上司の紹介からです。
どうやら、セクキャバ激戦区の関内に、ビジネス街に存在するセクキャバがあるとのこと。
お堅いイメージがありますが、ビジネス街にあるということもあって逆に興味があります。
そこで、その真偽を確かめるという意味でも、今回上司と潜入調査してきました!

実際どういうお店下記になりましたし、行ったところでどういうサービスを受けられるのかきになりますからね!
関内でセクキャバを探している人は、要チェックです!

ビジネス街にあるセクキャバとはいかに

通常、セクキャバと聞くと、飲み屋街の雑居ビルに乱立しているイメージがありますよね。

その辺になると、キャッチも多いですし、正直どこに行けばいいか迷います。
料金も高く、サービスがゴミのお店は選んでも仕方ありませんし、慎重に行きたいものです。
そういうことを、休憩中に上司と話していました。
すると、上司がふとこう言ってきたのです。

「そういえば、この間営業してきたときの話なんだけど、相生町らへんにセクキャバあったぞ」
「え、あそこって普通にビジネス街じゃないですか…」
上司は、結構なセクキャバマニアで、それが嫁さんにばれて若干家庭内別居になっているそうですw
その上司が言うことですから、ウソではありません。

「詳しく聞かせてもらっていいですか?」
「関内ホールの向かい側のローソンがあるんだけど、その隣だったかな?」

場所を教えてもらったので、周辺ビルを調べてみることにしました。
すると、”ベルビル”という雑居ビルが出てきたのです。
ストリートビューで見てみると、確かにセクキャバがあったのです。
まさか、ビジネス街にあるとは思いませんでしたし、これはいくしかありませんよね。

PEACHICKというお店でしたが、上司も誘ってみることに。
「先輩も行きますか?僕今日行ってきますw」
「明日会議だから、延長はできないけどいけなくはないぞ~」

乗り気だったので、二人で向かうことにしました。
休憩が終わり、いつも通り仕事をこなしてセクキャバに行く準備をします。
残業するわけにはいきませんし、死に物狂いでお互い終わらせました。
上司は、ルート営業を後輩に任せる始末ですw

しかし、そのくらいお互い楽しみだったということです。

店舗の様子と料金面を紹介します!

定刻通り仕事は終わり、19時くらいにお店を出ました。
店内は、19時半から入ることができるようで、早めの来店で割引になるとのこと。

軽く周辺で時間をつぶして、お店に向かいました。
本来は、南口方面に行くところですが、PEASHICKは北口から徒歩3分の場所にあります。
軽く歩いていくと、アパホテルが見えるのでそれを目印にもう少し先まで歩くと、ローソンがあります。
そこを曲がってから少し歩くと、ベルビルに到着します。

この5階にお店はあるので、エレベーターを上がってお店に向かいました。
ボーイが前に立っているので、人数を言って店内に入ります。
薄暗いセクキャバの雰囲気が漂っており、ブログ割を利用するために、ブログを見せました。
すると、60分5,000円という破格の値段で入店できたのです。

初回・フリー限定なので、次回来た時も使えるクーポンのようです。
軽くお店について説明された後、オープン席に移動します。
女の子のレベルはまずまずであり、可もなく不可もなくという感じです。
期待したいのは、サービス内容ですね。

一人目:ロリ系スレンダーBカップ貧乳美少女

席についてから、一人目についたのは、Bカップの貧乳美少女でした。
身長が高く、スレンダーな体系がウリの女の子であり、明るい表情が非常に特徴的。
「今日は来てくれてありがとうございます♡」

体育会系をほうふつとさせるくらいの元気な返事でした。
見た目からして、かなりロリっぽかったので、おそらく年齢は20歳程度だと思ってました。
トークの過程で、年齢を聞くことができたのですが、なんと僕よりも年上の28歳ということが発覚w
人間は見た目によらないといは、まさにこのことです。

妹っぽい雰囲気が漂う彼女は、ダウンタイム以外は触らわせてくれませんでした。
その間は、普通にトークをしたりして楽しむという感じです。
「足載せますね~」
そういって、彼女の自慢の美脚を載せられたところで、勃起。

足があまりにも綺麗だったもので、ビンビンに勃起してしまいました。
足を触ろうとしましたが、「それはサービスタイムからですよ~♡」と注意されてお預け。
どうやら、触っていいのは女の子によって変わるようです。
店内でアナウンスが流れて、ダウンタイムについての説明。

その後数分して、ダウンタイムが開始。
30分ワンセットで行われるようです。
膝の上に載って、彼女はTシャツを脱いでおっぱいをあらわにしました。
小ぶりな乳首が出てきて、それをまずはつまみました。

ダウンタイム中は静かに感じているだけであり、特に触ってくるということはありません。
おっぱいをもみつつ乳首を攻めつつで、ダウンタイムを楽しみます。
最後は、ハグをしてキスをしてチェンジという感じですね。
トークは楽しむことができましたが、セクキャバのだいご味であるおさわりは堪能できませんでした。

少し不満ですが、このようなもんでしょう。

二人目:Gカップの爆乳娘

30分で女の子がチェンジしますが、店内が混んでいるときは変わらないこともあるようです。
しかし、行ったのが平日ということもあって、上司も2回転していました。

二人目の女の子は、爆乳が自慢のGカップ娘でした。
大学生をしているという彼女は、おっぱいが大きすぎて服からあふれるほど。
「お兄さん今日はありがとうね~♡」
そういって距離を近づけてきます。

席について数分で、腕を組んでおっぱいを押し当ててきます。
Gカップでありながらも、しっかりおっぱいの柔らかさを感じました。
いい感じに気持ちよかったので、そのまま揉んでみることに。

「早いですけど、お兄さんならいいです~♡」
自由に触らせてくれて、彼女がおねだり。
「ドリンク頼んでいいですかー?♡」
「んー、いいけどサービスしてくれる?」
「わかりましたぁー♡」

そういって、1,000円払ってドリンクをオーダー
その後、普通におっぱいを触らせてくれました。

アナウンスとともに、二度目のダウンタイムが始まりました。
そして、彼女は重い腰を上げてそのまま膝の上に乗ります。
すると、いきなりズボンのチャックを下ろしてきました。
ハグしながら、水面下ではとんでもないことが起きていたのですw

そして、パンツの上からいやらしく手コキ。
エッチに触る様子はたまらず、思わずおっぱいにしゃぶりつきましたw
乳首を堪能しつつ、彼女は手コキをしています。
さらに、僕の乳首を爪で刺激してくれて、色々サービスし放題の状況w

胸も大きく、顔のレベルも悪くありませんし、サービスは過去最高でした。
ダウンタイム終了後、お互いキスをしてイチャイチャ。
ボーイから、延長を聞かれましたが、翌日のことも考えて退店という流れです。

総評

実際にお店に行ったわけですが、ビジネス街のど真ん中にあるセクキャバということもあり、少しお堅いものを想像していました。
しかし、一切それを感じさせないほどのサービス内容であり、むしろ過激すぎるくらいです。
ビジネス街にセクキャバがあるのではなく、たまたまそこがビジネス街だったというだけ。
サービスは他のどのセクキャバにも劣っていないので、初心者でも簡単に楽しむことができると思います。

エッチな子も多いので、状況次第では抜いてくれることもあると思います!

コメント

タイトルとURLをコピーしました