本厚木のセクキャバLIPはセレブ妻とイチャイチャできる!?

本厚木・相模原

セクキャバは、ギャルが多いイメージがありますが、高級感漂うお店でイチャイチャしたいと思うことってありませんか?
お店の雰囲気で選ぶ人も多く、それ次第で当たり外れが決まりますからね!
今回紹介するのは、本厚木駅から徒歩3分の場所にあるLIPというお店になります。

このお店は、こじんまりとしていますが、サービス内容がかなり充実しています。
セクキャバというのも惜しいくらいのサービスなので、潜入した結果を皆さんに紹介していきますよ~!
50分5,000円と安いので、本厚木でセクキャバを検討している人は、必見です!
セレブ妻とイチャイチャしたいって思いますよね…

本厚木は様々なキャバクラが存在しますが、美人系が在籍するところは少ないイメージ。
というのも、僕が出勤する時間帯は、比較的遅めであり10時から始業するので、ラッシュが終わった後に出勤します。
基本的に、出勤するときに乗っている電車のメンバーは同じで、顔見知りになる人もいるほど。
その中で、年齢は30代くらいで美人な奥さんが存在するのです。

身に着けているのはブランド物が多く、おそらくセレブ妻
僕とは無縁の存在ですが、脚線美が良くていつも視姦してしまうほどですw
キャバクラや風俗を調べても、”ギャル系、可愛い系”しか存在しないので、僕が求めているものとは違いました。
それに、本厚木は職場の近くということもあって、本腰を入れて風俗店を探したことがなかったのです。

ただ、その日はどうしてもセレブ妻とイチャイチャしたいと思ったので、仕事の休憩中に真剣に調べてみることにしました。
“本厚木 おっぱぶ”と検索したのですが、数多く表示されたのでどれを選べばいいかわかりません。
しかし、どれもギャル系・かわいい系が多く、求めているものとは違います。
昼休みも終わりに近づいていたので、そろそろ戻ろうと思ったところで見つけたのがLIPです。

店の位置づけは、”セクキャバ・おっパブ”になります。
しかし、店内の外観を見ると、高級キャバクラのような感じ。
小型の店舗であり、公開されている女の子の数は6人と少なめ。
どの人も、きれい系が多く、グラマラスな熟女系が多いです。

まさに、本厚木でオアシスをみつけた感じがしましたw
善は急げといいますし、平日でありながら仕事終わりに行くことにしたのです!
そう決まると、あとは仕事をこなすのみ。
本腰を入れて、仕事をすることにしました。

料金と店内の様子を解説します!

LIPに行くと意気込んでいましたが、上司の無茶ぶり案件をこなしていると、時刻は19時半に。
久々に残業しましたが、20時から開店するのでちょうどよかったです。
職場を出たのは、開店10分前だったので、時間的には問題ありませんでした

事前に調べていましたが、LIPは20時~21時の間が5,000円で入ることが可能。
※21時以降は50分7,000円
本厚木駅から、徒歩3分程度の場所にあるので、立地は悪くありません。
そして、飲み屋街周辺でキャッチに声をかけられました。

「お兄さんどちらをお探しですか?」
「場所決まってます!」
「ちなみに、どちらですか?」
「LIPですよ~」
「LIPなら紹介できますよ!50分4,000円で案内できます」
少しでも安いほうがよかったので、そのままキャッチについていくことに。

ビルの4階に案内されて、お店に入ります。
店内はかなり狭く、ボックス席が7席あるくらいでした。
ボーイの説明を聞き、キャッチが言う通り前金で4,000円支払って来店。
黒を基調とした、ラグジュアリーな空間

平日ということもあって、僕以外にお店にいるのは1組だけでした。
女の子の数は確認できるだけで、5人。
平日だから少ないのか、小規模店舗だから少ないのか不安でしたが、特に気にする程度ではありません。
基本的には完全マンツーマンであり、指名が入ればチェンジという流れ。

女の子が嫌がらない範囲なら、基本的に交渉もありとのことでした。

一人目:美脚美人DカップOL系

卓についてから、最初に接客してくれたのは美脚が特徴のDカップOLでした。
まさに、出勤しているときに見かけることが多い、セレブ妻のような感じ。

店内の様子も、高級感があるキャバクラのような印象なので、普通のキャバクラでおさわりができるような印象です。
「お兄さん初めてですか~?」
「初めてだよ~!お店調べてきた!」
「ありがとうございます~!」
営業トークは一切なかったので、スムーズに会話が進んでいきました。
システム的なものはわかりませんでしたが、とりあえず会話メインのセクキャバのようです。
しかし、席についてから5分ほど話してから、彼女が一言

「もう少し近づいていいですか~?」
そういって、彼女は距離感を縮めてきて、足を僕の膝にのせてきました。
脚線美が目立っており、しばらく足を触っていました。

抵抗もなく、そのまま近づいてくる彼女。
谷間が開いたドレスを着ており、胸の谷間を強調してきます。
そして、谷間に見とれていると、彼女が言ってきました。
「触りたいの?」
「触りたい!」
そういうと、彼女は静かに胸を近づけてきたので、そのままおっぱいをもみました。
Dカップということもあって、程よい弾力と柔らかさ

触っているときは、若干感じていました。
単に触るのではなく、乳首も刺激していたからでしょうか。
女の子が嫌がらない範囲なら、どこまでもしていいとのことだったので、積極的に攻めることに。
乳首をつまんだり、おっぱいをいやらしくもんでいると、彼女の手先がこちら側にやってきました。

そして、僕の股間方面に行き、指先で勃起しているか確認。
「あ、もう立ってるじゃん」
そういうと、ソフトタッチでチンポを触ってきました。
会話はほとんどなく、お互い揉んでいるという感じでしたね。

エッチな気分になったのか、色っぽい表情でした。
美人OLという感じで、朝会うセレブ妻を想像しながら揉むと、さらに快感が増しますw
いい感じにイチャイチャしたところで、チェンジの時間。
バックヤードに入るとのことだったので、イチャイチャを楽しんで終了

名刺をもらって、次回指名することを約束してチェンジです。

二人目:Eカップギャル人妻

二人目についた女の子は、まさにセレブ妻という感じでした。
ロイヤルブルーのドレスで、お店の雰囲気とマッチするタイプ。

Eカップということもあって、結構大きくてはちきれないほどのおっぱい
「今日は来てくれてありがとうございます」
接客態度も、先ほどの女性とは打って変わって丁寧な感じ。
ラグジュアリーな接客といいましょうか。

ブランドショップに入ったときのような接客であり、態度は今まで来店したキャバクラの中ではピカイチでした。
ある程度世間話をして、先ほどの女性のように近づいてきました。
どうやら、このお店では接客のマニュアルとして、距離感を近づけるというものがあるようですね!
この女性もまた、きれいな足を僕の太ももに乗せてきたのです。

接客は良い感じでしたが、触り方が少し下品でしたねw
そのギャップがたまらずに、勃起してしまったんですが…笑
このお店では、サービスタイムもありますが、それまでもおっぱいを揉んでいいそうです。
つまり、どのタイミングでも揉んでいいということになります。

先ほどの女性と同じように、近づいてきたのでそのままおっぱいを揉みました。
Eカップということもあって、揉み心地は最高。
大きいと固い人が多いのですが、彼女の場合は違いました。
マシュマロのような感じであり、乳首は少し大きめ

少し乳首をつまんでいると、一言。
「私子供がいるので、母乳が出たらごめんなさいw」
なんと、本当に人妻であることが確定しましたw
厳密にいうと、離婚した人のようで、人妻ではありませんけどね。

そう聞いたら、むしろ母乳を出したくなるので、執拗に乳首を攻めることに。
クリクリと触っていると、色っぽい表情で感じています。
そこで、店内アナウンス。
サービスタイムに関するアナウンスであり、参加の有無を聞かれました。

内容を聞くと、また上に乗ってくれてサービスをしてくれるとのこと。
断る理由がなかったので、そのまま参加
そして、5分ほどしてサービスタイムが開始。
5~7分程度開催するそうですが、その間でどれだけイチャイチャできるかがカギです。

そして、ドレスを脱いだ彼女が登場
暗闇の中で、僕のまた上にのって腰を振り始めたのです。
“LIPはここまでするのか…”
そう感じていると、彼女が僕の顔におっぱいを押さえつけてきたのです。

押しつぶしながら腰を振って、感じています。
そして、嫌がらない範囲ならどこまでもしていいと聞いていたので、乳首をなめることに。
嫌がる様子はなく、むしろ感じていました。
乳首をしゃぶったり、あまがみしたりして感じさせました。

(母乳を出させることが目的です)
そううまくいくわけはなく、ただ乳首責めをしているだけでしたw
そして、彼女も彼女でパンツの上からチンポを触っています。
腰を振りながら、気持ちいい位置を探しながらのプレイです。

ほぼほぼ貸し切り状態だったので、女の子を独占できました。
7分程度、そういうプレイをして、サービスタイムは終了
最高以外の何物でもありませんでしたが、抜いてもらえなのは残念でしたね。
終了と同時に、女の子もチェンジ。

今回は、場内指名が入ったので仕方ありません。

三人目:Gカップ美人熟女

三人目に来たのは、まさに僕の好みの女性でした。
Gカップで、お店の中では最も胸が大きいタイプの女性

さらに、色気があり熟女といっても差支えないほどの熟し方。
それがセレブっぽい印象であり、一番LIPの雰囲気にあっている女性です。
「今日はありがとうございます」
接客の仕方も、上品な感じだったので、これはイチャイチャしたいと思いました。

初めて、僕のほうから近づいていき、胸をもみ始めたのです。
「お兄さん積極的すぎですよ~♡」
その言い方も、結構色気があってたまりませんでした。
乳首を触ったり、していると彼女もチンポを触ってきたのです。
「お兄さん勃起してますね~♡」
そして、そのままお互い触りあいました。
幸い、平日ということもあってチェンジをすることなく、お気に入りの熟女を独占することができたのでよかったです。

二度目のサービスタイムがやってきましたが、もちろんしなければなりませんよね。
指名は、今接客している熟女です。
少しムチっとしている感じがいいですし、エッチな雰囲気が漂っているのでもしかしたら、抜いてくれるかも!そういう期待を抱いて始まったサービスタイム。
まずは、彼女が上半身裸になって股に乗ってきました。
先ほどの女性とは違って、腰を振るタイプではありませんでした

ハグをして、体の柔らかさを感じるタイプ。
すると、耳元でこう言ってきたのです。
「抜きたい?」
「え、大丈夫なの?」
「ここなら見えないから大丈夫だよ」

先ほどの接客とは違い、危ない女性というイメージ。
暗闇の中で、ボーイはそこまで何も見ていない状況なので、抜いてもらうことは可能でした。
返事を聞かないまま、彼女はズボンのチャックを開けてチンポを出します。
そして、そのまま手コキが開始。

少しでも見えないように、僕は彼女のおっぱいをしゃぶっていました。
ビクビクと体を痙攣させながら感じている様子は、圧巻でしたね。
ここまで来ると、もっと責めたいと思いますw
しかし、僕も僕でチンポをシコられているので、快感に襲われていました。

彼女のテクニックもすごいもので、手コキ風俗で働いていたのかと思うほどのテク。
そして、イキそうになったので彼女に伝えると、そのまま出していいとのこと。
勢いよく、彼女のドレスにかけましたw
彼女は持っていたハンカチで素早くふき取って、普段通り腰を振り始めたのです。
ほどなくしてサービスタイムは終了。

抜いてもらえるとは思っていなかったので、意外でしたねw

総評

LIPに行ったわけですが、超優良店です。
席数が少ないので、休日は大混雑が予想されるでしょうね…
しかし、平日に軽くフラっといく分には十分だと思います。
三人の女の子に接客してもらいましたが、どの子も接客態度は満点
ラグジュアリーな空間が広がっているので、高級感もありますし、セレブ妻と絡んでいるような感覚に陥ってしまいますw
エッチな人が多いのは事実なので、延長含めて9,000円でここまでできるのは安い方です!
本厚木でセクキャバを探しているなら、間違いなくLIPを選ぶべきですね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました